デザイナーズ家具&雑貨情報の発信
         title

合皮のメンテナンス

HOW TO MAINTAIN SYNTHETIC LEATHER


合皮は、動物の皮を鞣(なめ)したいわゆる「本革」と違い、それに似せた皮革(ひかく)のことで、天然の布地をベースにして作られます。おもにカバンや衣類、車のシートなどに使われますが、ここでは家具に使われる合皮のことを説明していきます。また、その中でも、最も一般的に家具に使用される「PUレザー」と「PVCレザー」にフォーカスしていきます。

PU LEATHER & PVC LEATHER  ( PUレザーとPVCレザー )


PUレザー

PUレザーのPUとは、「ポリウレタン」のことで、その名の通りポリウレタンを本革に似せて作られます。本革よりも大幅にコストダウンを可能にし、しかも価格のわりに強度があり、汚れに強く、耐摩耗性があります。また、のちに説明するPVCレザーよりも通気性にも優れています。しかし、湿気などの水分に弱く、また、耐久性もなく、使用頻度にも寄りますが早ければ1年、長くても3年程度が寿命とお考え下さい。

PVCレザー

PVCレザーのPVCとは、ポリビニルクロライド(polyvinyl chloride)、つまり「ポリ塩化ビニル」のことで、PVCレザーとは、ポリ塩化ビニルを本革に似せて作られた人工の皮革のことです。PUレザーよりもさらに安くで手に入り、また、PU同様、強度があり、汚れに強く、耐摩耗性にも優れておりますが、通気性はそれよりも劣ります。それゆえ夏場や雨期での使用は熱のこもりや、ムレの原因となります。PVCレザーもPU同様1〜3年程度で劣化、交換時期がきてしまいます。

合皮の劣化

合皮全てに言えることですが、人とともに「成長」していく本革に対して、合皮は人とともに「劣化」していきます。長く使うなら本革、数年で買い替えるなら合皮、といった選択基準を持って革選びをされる方が多いようです。

MAINTENANCE  ( メンテナンス )


さて、タイトルは「合皮のメンテナンス」となっていますが、実は基本的に合皮にメンテナンスは不要です。長い前置きを書いておきながら、どうもすみません。

乾拭きがメイン

不定期で良いので、乾拭き、もしくは水拭きでホコリや手あか、その他の汚れを取り除いて下さい。また、合皮は本革では絶対NGだった中性洗剤の使用が可能です(※中にはNGなものもあります)。気になる汚れに水で薄めてご使用下さい。頑固な汚れには合皮専用のクリーナーをお使い下さい。ホームセンターや大手ネットショッピングモールなどで手に入ります。

劣化原因

最後になりましたが、合皮の主な劣化原因はズバリ「使用」です。使うほどに劣化していきます。手垢のついたところや汚れた部分からは特に劣化していきます。少しでも合皮の家具を長持ちさせるには、少し古典的ですが「(ソファなら)なるべく同じ場所に座らない」「手で触らない」「使わない」ことも有効です。また、極力高温多湿な状態、極度の乾燥状態(特にエアコンの直風はNG)、また、直射日光などを避けるようにして下さい。

以上、簡単ですが、合皮のメンテナンス方法について説明させていただきました。快適な合皮ライフを。