デザイナーズ家具&雑貨情報の発信
         title

タンニン鞣(なめ)し

タンニン鞣しとは


タンニン鞣しとは、植物に含まれる渋み成分の「タンニン」を使って皮革(ひかく)を鞣すことで、革のタンパク質と結合。収縮性が小さくなり堅牢(けんろう)さが増します。「クロム鞣し(クローム鞣し)」と同様とてもポピュラーな鞣し方法です。

タンニン加工が施された革は、使い込むほどに艶や革本来の味が出てきて、深みが増します。しかし、天然成分を使っていることや、莫大な時間と手間を要するため決してお求めやすいプライスではないのこともタンニン鞣し加工が施された家具の特徴です。

 

「クロム鞣し」の説明を見る