デザイナーズ家具&雑貨情報の発信
         title

集成材

集成材とは


集成材とは、原木から必要な寸法を切り取ったいわゆる「無垢材」とは違い、薄くて小さい木材を接着剤で張り合わせたもの。加工がしやすく、接着剤にもよるが、強度も安定していることから建築資材にも使われ、近年最も注目されている木材のひとつです。しかし、粗悪なものには接着剤によるシックハウス問題や、割れ、欠けなどの欠陥が見られることもあります。

無垢材 or 集成材


無垢材と集成材。特に家を新築する時に比較される両者ですが、「どちらが優れているか?」と聞かれたら回答に困ります。なぜなら、使う木材や接着剤、それを扱う業者によってかなり開きがあります。

一般に無垢材は、自然本来のぬくもりが多くの人を魅了する最大の理由ですが、そのぶん割れや欠け、縮みなどが多いという欠点があり、反対に集成材は、狂いが少なく仕上がりも均一ですが、自然本来のぬくもりがないことや、接着剤によるシックハウス症候群などの人体への影響が懸念されがちです。

 

無垢材の詳しい説明