デザイナーズ家具&雑貨情報の発信
         title

辺材

辺材(へんざい)とは


辺材とは、木の外側の表皮に近い部分のことで、樹液が多く、木の中心の心材(しんざい)に比べて朽ちやすい欠点があります。基本的に心材よりも色が白いことから「白太(しらた)」とも呼ばれます。

また、基本的に赤みがかった心材は「赤身(あかみ)」と呼ばれます。おもに辺材は板材として使用され、心材は柱として使用されます。