デザイナーズ家具&雑貨情報の発信
         title

行灯(あんどん)

行灯(あんどん)とは


行灯(あんどん)とは、江戸時代に普及した伝統のある日本の照明器具の一つ。基本的に四角か円筒形で、フレームは木もしくは竹で作られており、シェード部分には和紙が貼られます。もともと中に油皿を入れて火を灯していましたが、現在では電球が主流。

据え置き型がメインで、和室の角や入り口、軒先や玄関周りに設置されることが多いです。携行可能な提灯(ちょうちん)とともに今なお多くに愛されており、海外観光客の土産物としても人気を集めています。