デザイナーズ家具&雑貨情報の発信
         title

腰窓

腰窓(こしまど)とは


腰窓とは、「腰高窓(こしだかまど)」とも呼ばれ、その名の通り人の腰くらいの高さ (床面から90cm程度)から立ち上がった窓のことです。幅は色々ありますが、180cm幅のものが一般的です。また、反対に窓が床面から立ち上がっている物は「掃き出し窓(はきだしまど)」と呼ばれます。

利点


ベランダやバルコニーがないと設置できない掃き出し窓とは違い、比較的どこにでも設置できます(もちろん工事の段階で)。また、お部屋のレイアウトも自由が利きます。掃き出し窓よりも入ってくる光量が少ないぶん夏はそれよりも若干涼しいです。さらに、窓の面積が小さいので、設置場所にもよりますが、防犯性は掃き出し窓よりも長けているでしょう。

欠点


掃き出し窓と違い、外の光が入ってくる量が少ないので、空間が狭く見えがちです。光量が少ない分、冬場の日中は掃き出し窓よりも寒いことも否めません。また、非常時に腰窓を使って避難する場合、特に高齢者などには困難でしょう。