デザイナーズ家具&雑貨情報の発信
         title

デッドスペース

デッドスペースとは


デッドスペースとは、階段下や床下、天井裏、部屋の隅、ベッド下、ソファ下、壁の中などの一般に使われていない、または利用できないムダなスペース(空間)のことを指します。

特に都会のごく限られた土地に建っている家やマンションには、ヘンな場所に柱やパイプがあったり、また、部屋自体も正方形や長方形ではないことが多々あります。そうすると必ずデッドスペースが生まれてしまいます。

このデッドスペースを有効活用することこそインテリア上級者への第一歩であり、快適な生活空間を手に入れる近道だと言え、多くのデッドスペースは使い方次第でデッドスペースではなくなる可能性を秘めています。