デザイナーズ家具&雑貨情報の発信
         title

無垢材と集成材の違い

答え:

無垢材 → 一本の木から切り出した材木のことで、木本来の温もりや味があるのが特徴です。また、縮んだり膨らんだりの狂いはありますが、断熱性、保温性、調湿性などに優れています。

集成材 → 切削(せっさく)加工された木々を接着剤で繋ぎ合わせた木材で、狂いがなく、近年の家具や建築資材に頻繁に使われますが、接着剤を多く使用するので、粗悪なものはシックハウスなどの健康障害の原因となってしまう恐れもあります。

インテリアだけでなく、家を建てるときにも悩みの種になる無垢材と集成材の違い。「無垢材」と言うと聞こえがよく、頑丈そうに思えるのですが、値段や強度にはかなりバラツキがあります。一方、最近の集成材の多くはとても頑丈に作られています。ですがそれもまたものや、メーカーの加工方法によって異なります。

それぞれの一長一短というよりは、結局は信頼と実績のあるブランドやメーカーの木材を選び、価格やランクにもある程度妥協しないことが必要になってくるでしょう。