デザイナーズ家具&雑貨情報の発信
         title

広葉樹と針葉樹の違い

答え:

  • 広葉樹 → 温帯、熱帯地域に分布し、その名の通り葉が広く平べったいのが特徴で、サクラやケヤキ、ブナなどがそれにあたります。
  • 針葉樹 → 寒い地方で育ち、その名の通り葉が針のように尖っているのが特徴で、代表的なものにスギやヒノキなどがあります。

一般に家具に使われるのは、硬く強度に優れた「広葉樹」の方が多いですが、「針葉樹」は針葉樹でその独特な木目や風合いに魅力があり、また、やわらかい性質ゆえにフローリングなどに人気があります。育つ速度によってそれぞれ強度は変わるので例外もあり、耐久性についても、一概にどれが一番優れているとは言えないところがあります。

 

広葉樹:チーク オーク ウォールナット アッシュ ブナ アルダー など
針葉樹:パイン スギ ヒノキ など