デザイナーズ家具&雑貨情報の発信
         title

ポリエステルとポリエチレンの違い

ポリエステルとポリエチレンの違い

ポリエステルとポリエチレンは名前こそ似ていますが、別の物質であり、その用途は大きく異なります。このページでは両者の違いについて説明をいしていきます。

ポリエステルとは

ポリエステルとは、多価カルボン酸とポリアルコールの化合物のことです。一口に「ポリエステル」と言っても種類は多いですが、おもに衣類やそのボタン、脚物家具の張り地、また、ペットボトルなどに使用されることでも知られています。大量生産に向いており、加工もしやすく安価。これといったメンテナンスも必要なく、劣化しにくいのも特徴です。

ポリエチレンとは

ポリエチレンとは、エチレンCH2=CH2の重合によってできた最も単純な構造を持つ高分子のことです。おもに食べ物の容器や食用品のラップ、ゴミ袋などに使用されています。また、家具では、耐候性や耐久性の高さを活かして、ガーデンテーブルやチェアなど、おもに屋外用のものに使用されています。加工性が高く、用途に合わせて様々な合成が行われています。

以上、簡単ですが、ポリエステルとポリエチレンの違いについて説明させていただきました。